【哲学】心が楽になる?

「瞑想」で願いを叶えようとする前に見てほしいこと。

あなたは、瞑想をなんのためにしていますか?

瞑想のやり方についてはコチラから⇒瞑想のやり方…?簡単やで…お伝えしまっせ…へへっ。

 

願いを叶えるために瞑想している人もいらっしゃるかと思います。
もちろん願いが叶うこともあるでしょうが、最初からそれを目的とするとちょっとしんどいかなあとわたし個人的に思います諸刃の剣です。なぜならわたしもそれで苦しんできたひとりなのです。えへ。

願いが叶う叶わないよりも、もっと根本的に「自分自身と向き合うこと」をするのです。
「自分が何を考えているのか」を認識し、ニュートラルな状態になる。
そうしてみんなが大好きな言葉(皮肉っぽい)「ありのまま」を知る状態が大切です。

スポンサーリンク


願いを叶えるぞぉおぉおって意識だと…

  • 意識が外側に向かっていきます。
  • 重心も上がって、呼吸が浅くなります。
  • 地に足が着いてない状態になります。
  • ファンタジー世界の住人になります。
  • ただの現実逃避の不思議ちゃんになります。

結構きついこと書きましたが、わたし自身がそうだったのですよこれは。
(今も不思議ちゃんだよねおいィ?って言うのはナシです。
これはもう生まれもった気質のようですので簡便しておくれ。)

 

まずは意識を自分の内側に向かわせ、今の自分を見つめていく、どっしり根っこを貼るイメージ…というのが入り口かなと思います。

その上で言いますが、「願いは絶対叶います」

ただその願いを「なぜ」叶えたいのかを自分でしっかりわかっていないと、
「こんなに瞑想やってんのにぜんぜん叶わねぇ!キイッ!!キイッ!!!!!!」となるのです(過去のわたし)

というか瞑想自体には願いを叶える力はないんですけどねそもそも(にっこり

え、なになにどういうことだってばよ?!!!ですよね。
その理由はちゃんと説明します。

スポンサーリンク


じゃあ瞑想の効果ってなにさ?願いを叶える瞑想方法はあるの?

「自我」のおしゃべりって、想像する以上のめまぐるしさで四六時中おこなわれています。

その自我とは、本来のあなたではありません。

「こうしないと人に迷惑がかかる、世間から浮いてしまう」
「成功者の条件とは一般的にはこうだ」
「こうしたら怒られないぞ」
「こんなことは普通ありえない」
「あの人あんなことして恥ずかしくないのかな自分ならそうはしない」
などなどの、生まれてから今にいたるまでの環境や状況によって形成されてきたものです。

この現代日本って「他人軸で生きている人」「成功や幸せを外に求める人」がとても多い気がします。

そもそも幸せって、人それぞれちがうものです。

わたしは牛肉が大好きなので、おいしいステーキや焼肉を頂くととっても幸せです。
でも、完全ベジタリアンの人や牛肉が苦手な人にとってはそれを食べることって苦痛でしかないですよね。
そしてわたしは甘いものがそんなに得意ではないので、多く頂くと少し困ってしまうことがあります。
でも甘いものに目がない人にとってはとっても嬉しいことですよね。

 

自分は何が好きか、嫌いか。
何を心地よいと感じるか、不快と感じるのか。

そんなシンプルなことも、周りの目を気にしてはっきり言えなかったり、また自分自身でさえもよくわかっていなかったりする人が結構いらっしゃるのではないかと思います。

瞑想は「本来の自分に還る」ための手段のひとつだと思います。

本来の自分とは、思考の範囲を超えた、純粋なエネルギーです。
生まれた時の、まだ何の影響も受けていないピュアな自分です。

 

なぜ冒頭で、願いを叶える目的で瞑想をすることに難色を示したかは、
その叶えたい願いが『自我からの願いなのか』『本来の自分からの願いなのか』
はたまた『欠乏感からか』『純粋でエネルギッシュな想いからなのか』
をよくわかっていない状態で行うことは少し危険だと思うからです。

危険というと表現的には乱暴かもですが、迷路を彷徨ってしまうきっかけになるかなと思うのです。
何度も言うけど、わたし自身がそうだったからです。

瞑想に特化して話していますが、他のなんちゃらメソッドだって全部そうです。

「願いを叶えるために○○をする」
至極全うに思えますが、まずは「なぜ」その願いを叶えたいのかをじっくり掘っていく方が先です。
そして、瞑想やなんちゃらメソッド自体に願いを叶える効果があるのではなく、
本来のあなたに戻り、本当の願いを知り、そしてそれを思考の範囲ではなく楽しい驚きのルートで叶えられるようになるのです。
ただ純粋に、今を生きることを大切に、そして充実して生きるようになるのです。
元からあなたは幸せで満たされていたことを思い出します。
幸せを、何かに依存させることはなくなっていきます。

そのための瞑想です。

ここまで書いておいてなんですが、瞑想という方法が合わない人もいるかもしれません。
その場合は他の手段で自分と向き合えばいいのです。

あくまで、「目的」ではなくて「手段」なのですから。

そして、本来の自分に戻ったら、最初に叶えたかった夢は、もしかしたら叶えたいと思わなくなっているかも知れません。
ただ、本来の自分が思い描く夢は必ず叶います。

なぜなら、それはもう欠乏感からでなく、あなたがこの生を楽しむために、ただ純粋に求めたものだからです。

瞑想のやり方⇒瞑想は自分へのギフトです。やり方とその効果、コツも。
これまでのわたしと修行の開始⇒マインドフルネス【心の修行】 序章