【哲学】心が楽になる?

自分を偽るのを疲れた人へ。今すぐさらけ出した方が良い理由。

どうも。

まともな人間やめました。

もとい、自分にウソつくのやめましたファイナリスト・マイです。

 

なあ日本人よ。

 

自分偽るのもうやめないか?

自分を偽るとどうなるか、やめたらどうなるか

自分を偽るとはなんでしょう。

「本当はそう思ってないけど、この場面、そう言わないと波風立てちゃうから……」
「本当はこんな性格じゃないけど、本性出すと嫌われるだろうから……」
「わたしはもう大人だから、こんなことしちゃいけないから……」

などなどなどなど。

わたしも(意外に)そんなタイプでした。
好き勝手するくせにどっかで人の目を気にして、ふりきれない。
いつもお伺いを立てるのです。
口ではでかいこと言いながら実はびくびくとしている。

「大人としての対応しないと、仕事として成り立たない」
など思って、自分を殺すこともありました。
てかみんなだいたいそうよね。

みんな自分の本心とは違うことして、表面的は取り繕って心にも思ってないこと言うんだよね。
わかる、わかりますとも。

だって、仕事して生活しなきゃだもんね。
家族がいる人は家族のために生活を守らなきゃ。
一人暮らしでもそうよ。

でもそもそも、本当に偽りの自分じゃないと仕事させてもらえないの?
認めてもらえないの?

じゃあ本当の自分はどうしてるんだろうね?
どう思ってるんだろうね?

わたしも、我慢して空気読んで、人に気に入られようと頑張ったことありました。
偽りまくりんぐです。

そうすると、なんと!
空回りします!!!!!!

人に大事にされてる、っていうか認められてる実感が持てません!!!!!!
心がカラカラになります!!!!!!

(そもそも元から空気読める属性ではないので、ハナから無理な話だったのですよ)

というか、仮に大事にされてたとしても、本当の自分ちゃんが傷ついてるから人の好意が素直に受け取れません。
褒められても、認められても、満たされるのはほんの一瞬です。
どうせわたしなんて……とか思いながら、でもやっぱり愛されたくて満たされたくて、今日も自分を偽り続けるのだった……。
完。

ってなもんですよ。

ハムスターのようにカラカラカラと謎の車輪を回し続ける状態。

みんなが自分に素直になれば逆説的に仕事もうまくいくし人に好かれる説を唱える

わたしは、初期ステータスを見る四柱推命でこう言われました。

「そもそも牙が鋭い生き物」
「社交性がない」

あわせて読みたい
四柱推命占い師の前田王子氏に占ってもらった。有名になる予感がする占星術師宮田シロクさんのご友人である前田王子さんと知り合いました。 彼は四柱推命の占い師さん。 シロクさんから、お二人のトーク番...

この結果にわたしは、非常に悩みました。

「きつい性格なのはなんとなく自覚していたけど、まろやかにならないと人に嫌われちゃうよな」
「社交性ないって言っても、社交性がないと声優として仕事もらえないだろ」

などなど。

だから無理して業界の人がたくさんいるところに足を運んだり、人にやさしくするぞ……!と自分を偽ってました。

でもそうすると、周りから見るとすげえぇえ違和感の塊に見えるわけですよ。

なんかこの人めっちゃ無理してるなー痛々しいわ……と。

だから開き直って「俺は人間をやめるぞジョジョーっ!!!!」とフォン=ライ(本来)の自分を出しました。

そうすると、今までの無理した良い子なわたししか知らなかった人は、自然に離れていきました。

でも、逆に「マイちゃんはそもそも失礼な人間なんだよ」(この言葉が失礼よね!ぷん)と受け入れてくれる人も出てくるわけです。

一緒に仕事したいっていう人も現れます。

元から本来の自分を出してた地元の友達は、わたしがあーだこーだとめんどくさい哲学持論を述べようが、病んで「しにたい……」と言おうが何しようが、ただそのままのわたしを受け入れて友達でいてくれてたんですよ。
そんなありがたいことを思い出すというか、気づくことができます。

だからむしろ、偽りをやめて本当の自分を出した方が、自分のことをまるごと受け入れてくれる人が出てくるんですよ。
好きになってもらえるんですよ。

偽りの自分をやめてしまえば、心がハッピーになって結果自分にも人にも優しくできるんです。

みんな苦しい思いをして自分を隠すから、抑圧された想いが不満になってるんです。
しかもだいたい無自覚に。
だから、「他人に満たしてもらいたい!」とか「成功して尊敬されないと自分は幸せになれない!」とよくわからないことになるんです。
そんなわけで現代人は承認欲求の塊になってるわけですな。
偽ることをやめないといつまでたっても満たされません。

 

偽りの自分をやめるということは、何より自分のため。
そして結果的に他人のためにもなります。