MENU

【全身麻酔】横向き親知らず2本同時に抜歯手術の体験記【入院】

目次

横向き親知らず

まずは、レントゲン写真をご覧ください。

両顎の親知らずが完全に横向きで埋まっております。

元から3本しか親知らずがなく、左上はあっさり抜けました。
(その時の体験記は↓)

あわせて読みたい
【親知らず】笑気ガスとテルプラグ初体験しました【抜歯】 【初めての親知らず抜歯~プロローグ~】 かなり前に近所の歯医者さんでレントゲンを撮ったところ、 わたしの親知らずは右上に一本、下に二本(しかも真横に向いて埋ま...

左上の親知らずを抜歯してくださった先生から
「抜くなら1泊で入院して全身麻酔じゃないと相当きついと思う」
と難しい顔をされました。

そんなわけで、その先生の恩師の先生(ややこしい)に紹介状を書いていただいたのです。

検査

紹介してくださった先生は、穏やかで優しい女性。
しかもわたしと名前がほぼ同じで運命を感じました。
(「ほぼ」ってのは、「子」が付くか付かないかだから!)

レントゲン、CTスキャン、血液検査などの検査をする。

両方神経の近くを通っているので麻痺の後遺症が残るかもしれないと説明される。
ですよね。
覚悟はしています!

しかしここでびっくりしたのが、5泊6泊を推奨されたこと。

1泊じゃないのか……と。

さすがにそこまでは入院できないので、3泊4日にしてもらいました。

別日に麻酔科の検査も済ませ、入院日を待つことに。
(麻酔科はただの問診で一瞬で終わりました)

入院初日

いよいよ入院日に。

 

実は生まれて初めての入院なのでドキドキでした。

4人部屋だったのですが、3泊の間で色んな人がいました。
骨折しているお姉さん、腕の手術をしたマダム。
そして胃がムカムカするからと家に犬を残したまま救急搬送でやってきたおばあちゃん。
(先生が「犬いるのに入院なんてしちゃダメでしょ……!?」と困惑してました)

 

初めての病院お昼ご飯!!

お腹がすいていたし、思いのほか美味しくてぺろりと平らげました。

ノートPCでYoutubeを観ながら過ごすとあっという間に夕方に。
シャワーを浴びて、18時のご飯もぺろりと食べる。

これが親知らずと共に食べる最後の晩餐だったのだ……。

入院翌日。手術

いよいよ手術当日。

11時過ぎに手術予定なので朝7時になると一切飲み食いできない。
つまり朝ご飯はなし。ぴえん。

「手の甲に点滴を取るので、針が痛くなくなる麻酔シールです」とシールを貼られる。

いよいよ手術の時間になったので、
看護師さん(可愛い)と一緒に手術室へ……。

手術台に乗り、点滴を打たれる。
ちくっとはしたけど平気です。麻酔シールありがとう。

「全身麻酔が終わっても酔いづらくなるお薬も流しますからね」

それを聞いて安心する。
なんて優しいのだ!

酸素マスクを着けられ「怖いです……」なんて訴える。
この時、意識はなまだはっきりしている。
ほんとにこのまま意識なくなるのかなぁ?なんて不安でいると

「終わりましたよー、起きてくださぁい」と声をかけられました。

 

!?

 

あれ……?いつのまに私は……。

(ちなみに人狼ジャッジメントというアプリで遊ぶ夢を見ていました。
「ゲイル狂信者なのに真目ある……」みたいな)

意識が朦朧とする中、周りの声が聞こえる。

「血が大量に……」
「3時間半も……」


手術の予定時間は1時間半と聞いていたので、誰のことを言ってるんだろう?と考えてました。
後からわかることですが、これ全部私の話でした。

歯茎の奥深くにあったのでかなり難航したようです。
おそろしすぎません?
先生本当にありがとうございます。

 

病室のベッドが到着し、頑張って乗り移る。

この時、気分が悪く吐き気がすることに気づく。
どうやら全身麻酔明けの酔いが起こっているらしい。
酔い止め薬は効かなかったのね。わっはっは。

病室についた後は、心電図と酸素マスクをつけられる。

徐々に耐えられない吐き気になっていくが、動けない……。

もうやばい!とナースコールを押した直後、吐く。

血の塊を……。

「あらあら、吐いちゃったのね!」と看護師さんがやってくる。

パジャマや身体が血まみれになってしまったので
拭き拭きしながらお着替えをさせてもらいました。

看護師さんありがとうございます……。

そしてそれから夜中まで延々に血を吐き続ける。

吐き気が止まらなかったんです……。
全身麻酔明けの酔いとチューブで傷ついた鼻から垂れる血を飲み込んで気分が悪くなる悪循環。

とにかくめちゃくちゃ辛かったです。

ちなみに、痛みは点滴と飲み薬のおかげでほぼなし。

 

術後数時間後には食事も出たのですがまともに食べられませんでした。

おかゆ以外はなかなか硬めのマグロの煮つけ、こまかく切ったリンゴなど。

傷跡をかばいながらなんとかゆっくり噛んで少しは胃に入れましたが
結局全部吐いてしまいました。

翌日の私。

退院までお風呂にも入れないので、頭ぼっさぼさ。
口元には吐いた血の跡……生々しいですよね。

お見苦しい姿すみません。

抜いた歯。こなっごなです。グロ注意。

費用

そうして無事退院。

何故かかなりメンタルがやられて
数日は入院中のことを思い出すと動悸と吐き気が止まりませんでしたw

 

今回入院には自己負担限度額を申請しました。

それがなかったら約10万と言われていましたが、かなり費用が抑えられた気がします!

 

【かかった費用(およそ)】

  • 検査→1万
  • 3泊4日入院費用(手術費、食事、アメニティなど含む)→7万

後遺症

そして、一番心配していた後遺症。

 

残りました。

 

先生から「両方神経丸見えだったからねえ」とさらっと言われて戦慄しました。

 

左顎、唇あたりが痺れています。

術後約2カ月経っても(2021年11月現在)しびしびですが、徐々に回復しています。

病院から出されたメチコバール飲んだり、鍼灸に通ったりしています。

重いと完全に麻痺するみたいですが、そこまでではなかったのでまだ良かったのかな?

また経過を書きますね。

 

というわけで、親知らず抜歯の手術体験記でした!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる