エッセイ

吉本ばななさん著おすすめのエッセイ本!こどもの純粋さに鳥肌

「すぐそこのたからもの」
ばななさんの息子さんが、幼少期に発言したことなどをつむいだエッセイです。
チビちゃん、と呼ばれていたんですね息子さん。かわいい。

こどもたちの発想力や言葉って思わずドキっとしませんか。

「はいはい、そうねー」とあしらってるママさんたちもよくいますが、
いやいや、芸術性のかたまりやで今の発言……と傍から聞いてると思います。

スポンサーリンク


ばななさんもこの本の中で
「どんな芸術も子どもの心には負けてしまう、そう思わずにはいられなかった。
子どものようにもういちど飛べることを願って、作家たちは今日も言葉をつむぎ、画家たちは絵を描いているのだと」
と書いています。

この部分読んだときはっとしました。

わたしもそうだ……と。

こどもの頃の自由な発想で、楽しく絵や漫画や言葉をつむいでいきたい……と。
声優も歌などの、とにかくすべての表現。

小学生の頃描いたマンガをブログにほそぼそとアップしていますが、
なんというか、拙いけどすごいよなって自分でもつくづく思うんです。
(ちなみにこのマンガたち、そのうち解説入れようと思ってます。
でないとわけわからんし異様なカテゴリになってますこれ。)

パブロ・ピカソも、こどものような純粋無垢な絵を描きたくて仕方なくて、生涯探究し続けてましたね。

こどもは遊びの天才だし、「今」を全力で生きている。
ピュアなエネルギー満載。

あの頃は、どんな無謀な夢だって無限に思い描くことができた。
毎日が新鮮で、わくわくしていた。

その切なくて儚い感覚を思い出すことができる本です。

そしてとってもこどもが欲しくなる!
将来、こどもとどんなお話ができるのかが楽しみになるし、
とにかく胸がキュンキュンします。

チビちゃんの無垢な言葉と、
ばななさんの豊かな感受性が織り成す文章で、
思わず涙が溢れるのです。