エッセイ

【親知らず】笑気ガスとテルプラグ初体験しました【抜歯】



スポンサーリンク


初めての親知らず抜歯~プロローグ~

かなり前に近所の歯医者さんでレントゲンを撮ったところ、

わたしの親知らずは右上に一本、下に二本(しかも真横に向いて埋まってる)あることが判明しておりました。


ちなみに左上は存在せず。

いっそ四本とも存在してくれなくてよかったのに。

下の日本は歯茎に埋まっている+神経を触っている可能性が高いとのことなので後回し。

右上は右上で、なんだか斜め前に生えていて、普通に抜けるか不安だったので、お口の中のエキスパート口腔外科で抜くことにしました。

絶対ここだ!と数年前から決めていた『東京銀座シンタニ歯科口腔外科クリニック』さんに。

かなり人気で混んでいるので、すぐには予約できません(1カ月くらい待つ)

初診でいろいろ説明していただき、右上親知らず抜歯には笑気ガスとテルプラグを使うことにしました。

ちなみに生え方的に少し歯茎を切って取り出すと聞き、怖い怖い怖いでしたよ。

(下二本は、奥深く埋まっているので入院して全身麻酔で抜いた方がいいと言われ絶望しました)

当日までは、Twitterで笑気ガスを体験した人のツイートを読みまくりました。

しかし人それぞれの様で、読めば読むほどわからなくなっていきました。

笑気ガス。

抜歯と笑気ガスの感想

いよいよ右上親知らずを抜歯する日の朝。

診察室に入ってイスに座ると、右手の人差し指にクリップみたいなのを挟まれる。

すると機械から「ぴっ……ぴっ……」と音が鳴り出す。

笑気ガスもいわゆる麻酔の一種なので、何かあったときすぐ確認できるように心電図的なアレなのかな。

先生「あーだいぶ緊張してますねー」

と私の心拍数を見て感想を述べられ、なんだか見透かされているようで恥ずかしかったです。

イスを倒し、鼻にドーム型のマスクをはめられる。

先生「じゃあ笑気ガス流していきますからねー。鼻から吸って吐いて下さいねー。徐々に効いてきますよぉ~」

わたし「……」

しばらくしても、効かない。

感覚も意識もハッキリしている。

先生「どうですか?」

わたし「効いてない感じがします」

先生「それじゃあちょっと濃くしますね~」

わたし「はぁい」

先生「人によっては手足がしびれる感覚を覚える人がいるみたいです~」

わたし(……んむ?なんか頭がちかちかするぞ……ううむ?ふひっ……ふひひっw)

思えばこの頃から、もう笑気ガスの手中に落ちていましたね。

先生も察したようで。

先生「それじゃあ、まずは麻酔しますよ~」

ちくっとした感覚と、鈍痛。

おそらく麻酔液が注入されている?

わたし「ぐっ……」

思わずうめき声が出ます。

そのまま二回注入されました。この麻酔が一番痛かったです。正直。

でも、恐怖心はありませんでした。

先生「まずは、歯茎切らずに抜けるかやってみますね~」



スポンサーリンク


わたし(えっ……切らずに……!?ナイスですよ……頼む……抜けてくれ……)

すると、遠くの方から

みしっ……みしぃっ……とした音が響くのがわかる。

わたし(ふひゃああっwww噂のみしみし音が聞こえますよぉwwwいいぞっ!もっとやれっ!!がんばれっ!がんばれぇっ!!wwwあははははは!)

脳内はすっかりフィーバーモード。

でも、身体は怯えているのか、心臓のバクバクが大きくなる。

手がびりびりとしびれる(緊張するとこうなるのです、わたし)

脳内は楽しいのに、なんだか変な感覚。

 

十数秒後。

先生「はい、抜けましたからね~。洗ってテルプラグ入れますね~」

わたし「ぁぁぃ……(やったー!切らずに抜けたー!)」

痛くもない!感覚もない!やったぁ!

テルプラグを安定させるために一針縫い縫いされたあとは……

先生「はい、お疲れ様でした~。イスあげますのでうがいしてくださいね~」

鼻マスクを外された直後、意識がハッキリする。

不思議~!

先生「これが抜けた親知らずです。意外に素直に出てきてくれましたね」

見てみると、表面が真っ黒でした。

わたし「うわっ……き、きたない」

先生「虫歯になってますからね。捨てちゃってもいいですか?」

わたし「…………いえ、持ち帰ってみます」

小さい小さいジップロックのような物に入れていただき、持ち帰りました。

おうちに帰ってしばらく眺めたあと、捨てました。

術後直後~約2週間後。テルプラグはよくわからない。

先生「30分間このガーゼを噛んでください。血が止まらなかったら予備のガーゼを使ってくださいね。お昼ご飯は好きな物を食べても大丈夫です」

わたし(ええっ、好きなもの食べてもいいの~!?)

 

そんなわけでお昼は中華弁当を買って食べましたよ。

片方で噛む&まだ麻酔が残っていたのでなんだか味覚が半減された気がします。

テルプラグは、正直どうなっているのかわかりません。大人になって抜歯したのが初めてなので。

(確認しようにも奥過ぎて見えない)

ただ、痛みはほぼないのでテルプラグのおかげなのかな……?

しかし次の日うがいしたときに2、3ミリのよくわからないものが出てきたので、まさか取れちゃったんじゃと不安でいっぱい。

一週間後の抜糸は院長先生だったので聞いてみました。

わたし「テルプラグは埋まってますか?」

院長先生「はい、当然バッチリですよ~!」

良かった!取れてない!

今これを描いているのは抜歯から約二週間後なのですが、多分いてくれてると思います。

三週間くらいで完全に吸収されるっぽいので、まだ油断はできませんがね!

まとめ

怖がりな人は絶対笑気ガス
テルプラグもあった方がいい(治りが3倍だそうよ)

 



スポンサーリンク