【哲学】心が楽になる?

潜在意識、引き寄せ難民だった私。全部必要な過程だったみたいですわ

わたしは、多分物心ついたときから

「願いを叶えること」

を思い求めてきました。

いわゆる「願いを叶えるためのメソッド」が詰まった本は、中学生くらいの頃から読み始めたと思います。

ジョセフ・マーフィーの法則(もう今は主流じゃないだろうから知らない人多そう)の本は何冊も読み漁りました。

潜在意識を使って願いを叶える!っていう内容です。

内容は正直もうあんまり覚えてないけど、とにかく「富」「幸福」「愛」などをつぶやきながら唱える、とか、すでに自分が願いを叶えているイメージを潜在意識に刷り込む、とかです。

アファメーションという、肯定的な言葉を書いたり唱えたりする方法、
完璧だ!!!と唱える、瞑想をする、イメージング、自愛、ノートに書く……。

潜在意識や引き寄せの法則ってネットでも調べまくって、すでに願いを叶えた人たちが辿ったメソッド、それこそありとあらゆる方法を試してきました。

マネーゲームや、ザ・マジック、思考は現実化するなどの本も読んで実践してきました。

心の師匠から、マインドの学びも教わってきました。

そしてもちろん、現実的な行動だってたくさんしてきました。

現実的な思考・行動、
目に見えない世界を信じての祈り、
多分360℃のアプローチで実践してきました。

「願いを叶えるために」
「幸せになるために」

 

ここ最近、ぷっつんときてしまったので、自分ととにかく向き合っていました。

「わたしは、10年以上とにかく頑張ってきた。それなのに願いが一向に叶わないのはおかしい」

「え、まじで。なんで?おかしくない?」

「わたしまじで頑張ったよ?あれ?いやほんま、なんでやねん!!!!!!!!!!」

「……ん?」

 

なんとかメソッドも、ありとあらゆる思考や行動も、何もする必要はなかったんです。

 

なぜなら、もうすでに、全部叶ってたから。

 

今までの前提は

願いが叶ってないから、〇〇をしよう!!!

だったんです、ずっと。

10年以上ずっとね。

 

「願いが叶っていなくて頑張ってる、悩んでる自分」を叶えてたんです。

やったぜ。

 

溺れて、あがいて、浮き上がってこれないことを嘆いていました。

なので、抵抗をやめたんです。

願いを叶えるために制限していたこと、やっていたこと。

とにかくすべてをやめました。

すると、ふわん、と体が浮いたような感覚になりました。

 

自分の頭の中で起こるおしゃべり、行動には、意味はありませんでした。

前提をただ変える、というか気づくだけでよかったんです。

 

とある掲示板界隈を知ってる人だとよく聞いたことある

「既にある」

「認識の変更」

「第7章」

ああ、そういうことねって感じでした。

わたしが生まれたときから、その前から「今ここ」にすべてあったんです。