【哲学】心が楽になる?

さようなら、木星蠍座期間。木星射手座入りへ向けて。2018/11/8

ラッキースターの木星さんが11/8の22時頃、
12年に一度のご帰宅ですよ。

おかえりなさいよー(まだよ)

 

この一年は、自分の奥深くまでもぐったり、脱皮したりしつつ。
振り返ると結構苦しい期間でした。
同じように、自分と向き合ってしんどい想いした人……やったね!
これからその成果が出していけるですよ!

 

ここ数日は苦しさがピークになり、久しぶりに落ちるところまで落ちました。

人生に意味が見いだせなくなり、なんのために生きてるのかわからなくなって。
忘れていた過去をぐわーっと思い出して飲み込まれたり。
絶望感や後悔、無気力に襲われました。

しまいには「命を絶ちたい……」とまで思ってしまった。

周りでも同じような人が結構いて。
それは木星射手座入りに向けた、最後の膿出し期間だったようです。

ちなみにわたしは、死んで生き返って来た気分です。

「一度死んだ命だ。もう、がむしゃらにやってやる。全力で生きてやる」
と、開き直りのような?腹くくれたような?そんな感じです。

同じような感覚の人も多いのではないでしょうか??
蠍座が意味するのは「死と再生」です。
11/8の1時頃に迎えた新月も蠍座でした。
とことんデトックスしたね。

 

この一年で蓄えてきたものを、これからの木星射手座期間にびゅんびゅんと放出していきましょう。
世の中の空気も変わっていくぞー。おらわくわくすっぞ。

 

諦めていたことに、もう一度チャレンジできる一年にもなります。

さぁ冒険だ!
存分に楽しみましょう!