【哲学】心が楽になる?

世界は自分一人が作っている。そして他人は自分の投影とは?

潜在意識や引き寄せをかじった人なら一度は聞いてことがあろうこと。

自分=世界
自分=他人

つまり、この世界であなたが見ていること体感することは全部あなたの自作自演。

「あなた」が他人や世界、つまりこの宇宙を作ってるという、一見するととんでも理論。

しかし、どうやら量子力学の世界でもそんな話があるようですぞ。

で、んなわけあるかいなって思うかもしれませんが、これを採用した方がすごく人生楽というか楽しいし自由なんじゃね?と思えます。

それはなぜか……

スポンサーリンク


世界に自分しかいない場合

最初に。

もし、自分と他人が分離されていたら?
自分=世界ではなかったとしたら?

自分の幸せや成功も、すごく不確定要素になります。

夢も叶ったり叶わなかったりします。

他人の様子をうかがわないといけません。

他人と比べて、「ああ、自分はだめだ」と落ち込んだり、または他人を見下してしまうかもしれません。

世界や他人をコントロールしようと躍起になります。

自分を殺して偽って、世界や他人の常識にのっとらないといけません。

そうじゃないと成功できない、社会からハブられては大変なことになるからです。

 

もし、この世界は自分が作り出したとしたら?
他人も自分が作り出したとしたら?

イメージしてみてください。

あなたの大好きな人も大嫌いな人も。
大好きな場所も、いやだなぁと思う場所も。
綺麗も汚いもすべてすべて。

あなたが作り出しています。
他人はあなたの投影です。

そうなるとどうでしょう?

たとえば他人に批判されたとします。

通常(自分=他人を採用しない場合)は、
「こんなこと言われた!!!なんなの!!!!」と怒るかもしれません。
傷つくかもしれません。
あんたバカぁ!?とアスカもぷんすこです。

「不快にさせてしまい申し訳ありません……」とぺこりぺこりとするかもしれません。

人に気に入ってもらわないと生きていけない、人に迷惑をかけてはいけないと思ってしまうから。

 

でも、自分=他人なら。

あなたを批判したのは誰でしょうか?

そう、あなた自身です。

うそや!
そんなことしてない!
何いってんの!?

と思うかもしれません。
わたしも最初そう思ってました。

でも、どこかで腑に落ちるというか納得できませんか?

自分を傷つけることができるのは自分しかいないのです。

自分を赦せない、受け入れられないという無自覚の思いが、ただシンプルに世界や他人に投影されているだけです。

あなたを批判する人は、ただその役割に沿ってそうしてるわけです。
そう考えると、すごくありがたい存在に思えませんか?
すごく思えなくても、1ピクセルほどは思えませんか?
「あんた自分のことこう思ってるやろ」というのを教えてくれる存在ですから。

自分でも気づききれてない自分とか、あとは覚悟とか?の確認してくれる人と思えばさんきゅーさんきゅーですよ。

そこの部分に気づけば、そういう自分もゆっくり癒して受け入れていけるようになります。

スポンサーリンク


いいことづくめだよ

で、この考えを採用すれば、逆説的に他人の自由も赦せるようになります。

自分の側面というか、「ああ、わたしはこんな多種多様な人物や物やらを作ったんやな」と眺めてられるからです。

自分=他人、自分=世界だからこそ、こんなにすごいもの作り出した自分すげー!となります。

で、言葉では超絶矛盾してしまいますが、自分と他人は全然ちがうんやなーってことも認められるようになります。

あわせて読みたい
自分と他人はまったく違う。生まれた星から見ても至極当然のこと!占星術を学び始め、人を見させて頂きながらアウトプットしていっています。 そこで思ったことなどを。 自分と他人が違うのはあたりまえ...

この世界は本当に美しいというか、想像を絶する世界が広がっています。

散々、自分自分と言ってきましたが、フォン=ライ(本来)の自分は、あなたが思っているよりとんでもない存在なんですよ。

だから、そんなすさまじい素晴らしいあなたがいるんだ、そしてこの世界や人を作ってるんだということを、今は受け入れられなくても頭の片隅に置いておいてみてください。