エッセイ

両親がいない間に、幼女だった頃のわたしがしたこととは…。

「新作テレビゲームを買いに行ってくる。」

と、両親はまいちゃんをひとり家に置いて出かけていきました。

ちょうど夕方前だったでしょうか。

 

退屈だったまいちゃんは、ふと閃きました。

スポンサーリンク


 

「料理しよう」

 

当時まいちゃんは幼稚園児です。

包丁も持ったことないし、お料理のお手伝いなんてほぼしたことがありません。

まいちゃんの手元には、子供向けお料理レシピ本が一冊あるだけでした。

それでも、まいちゃんの決意は変わりません。

脳内でどんどんと妄想が広がっていきます。

 

~以下まいちゃんの妄想~

とうさんとかあさんに大絶賛される。

「こんな おいしい りょうり つくれるなんて まいは すごいなあ!(ぱくぱくむしゃこら」

そして考えたレシピがまたたくまに世間に広まり

有名料理人になるまいちゃん。

~妄想終了~

 

ニヤニヤがとまりません。

 

 

そんなまいちゃんが思いついたレシピは

 

 

 

『アイスクリームごはん』です。

 

 

もう一度書きます。

 

 

 

『アイスクリームごはん』です。

 

ごはんの上にアイスクリームを乗せたらきっとおいしい。
ごはんっておいしいし、アイスクリームもおいしいから、
そのふたつを合わせたら絶対においしい。

 

そんな発想から生まれたレシピです。

スポンサーリンク


「さてまいちゃん。

まずはアイスクリームをつくろうね!

そのために必要なものはなんだろう?」

 

脳内で誰かと会話しながら、必要(と思われる)なものを用意しました。

  • レシピ本
  • バット
  • ボウル

レシピ本にはアイスクリームの作り方は載っていませんでした。

バットとボウルは、母さんが料理に使っているのを見たからです。

氷は、言うまでもなくアイスクリーム生成に必要だと判断したからです。

ちなみにまいちゃんはバニラアイスを作ろうとしていたらしいよ。

 

さて、とりあえずひととおり準備ができた!

いざクッキングスター「あんた何してんの。」

 

 

父さんと母さんが帰ってきました。

 

「何しようとしてたんやあんた」

明らかに母さんは怒っています。

まいちゃんは震えながら「アイスクリームごはんを…料理しようとして…」と答えました。

 

母さん大噴火。どかぁぁん。

「子供がひとりで料理とか危ないやろ!!!!!!!!!!!!!!!」

「ワアアアアアアアアアアアアアアアアアアン」

わんわん泣き喚くまいちゃん。

 

そんなわけで、アイスクリームごはん作りは失敗に終わったのです。

 

父さんは優しく
「そんなに料理したいんやったら、今度父さんと母さんと一緒につくろな」
と宥めてくれました。

 

後日、家族3人でクレープを作りました。

 

 

ところで、アイスクリームごはんってどうなんでしょう。

誰か食べたことある人いますか?

わたしは一生食べないと思いますので、ぜひ感想お待ちしています。