エッセイ

自己暗示にかかったとある幼女の悲劇の末路とは。

わたしは昔から暗示にかかりやすいらしい。

小さい頃、お腹が痛いと言ったわたしに
じいちゃんがおもちゃの指輪をはめて
お腹をさすっておまじないかけてくれたそう。

そしたらけろっと治ったんですって(まったくおぼえてない

 

そんな自分の中で鮮明に覚えている、暗示エピソードがあります。

スポンサーリンク


小さい頃よく、家族でいろんなところに行きました。
移動は父の運転する車。

三半規管が弱いのかは不明ですが、
わたし、車に乗るとほぼ100%乗り物酔いしてたんです。

毎回毎回ゲオゲロオエオエしてたのでしまいには父親が
「そんなに酔うならどこも連れていかんぞ」とあきれ返るほど。

 

そんなある日、出かける前に母から言われたこと。

 

「しんどいしんどいって思うからしんどくなるねん。
しんどくなーいしんどくなーいって思えば大丈夫や」

 

母から言われたことを忠実に守ったわたしは
その時のおでかけでは車酔いしませんでした。

 

まいちゃん「わーなんかよくわからんけど、そう思えばそうなるんやなあ」

 

ーーーーそれが後に悲劇を生み出しましたーーーー

 

ある夜突然頭の中に

 

 

 

「死んでまう」

 

 

という言葉がとつぜん脳裏に浮かびました。

 

「え…あれ…。

しんでまうって思ってしまってる。

え、え、しんどくないと思ったらしんどくなくなったよな。

てことは、しんでまうっておもったら………

 

あかん…

 

しんでまうんちゃうん…?

 

ししししししんでまうって思ってしまってるからしんでまうんや!!!!
ワアアアアアアアアアアアアアアアン」

 

とパニックを起こす。

 

「とうさん…かあさん…
まい、しんでまうっておもってるから
しんでまうねん…」

 

と泣きながらか細い声で訴えるわたし。

 

そんなわたしを

「だいじょうぶやだいじょうぶや」

と軽くあしらいながら

 

父さんと母さんはマリオカートをしていました。